私が使っている中国語の勉強におすすめの辞書

zhong_landscape_ipad

どこぞの国の言語を初めて勉強を始めるにあたり必ず必要になってくるのが辞書。言語の翻訳が自分の母国語でしっかり翻訳されているかか重要になってくる。中国語の学習者の私がいま現在も使っているおすすめの中国語の辞書・辞典を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

小学館から出ている中日辞典

cap01

値段は無料では無く7000円前後です。

中国語をこれから本格的に始めようと思っている方は無料の辞書では無く、使いやすくコスパの高い辞書をおすすめします。結構色々な書店を何軒か歩き探し回りましたがこの辞書が使いやすく自分には合っていました。

旅行できるレベルでいいやと思っている方は辞書なんてのは必要ありません。よく使うレベルの中国語はネットで調べればたくさん出てきますし、そこまでお金をかける必要はありません。

台湾人の日本語学習者も同じ辞書を使ってた

台湾に中国語の留学に行った時に出会った中国語の先生も同じ辞書を使っておりました。その先生は日本語も出来るので中国語初心者だった私にはぴったりの先生でしたが、その先生でも翻訳できない時にこの辞書が何度も登場しました。ここで私が言いたいのは、繁体字での中国語の学習者にもこの辞書はおすすめできます。私も繁体字使用者ですがこの辞書にお世話になっております

紙媒体では無くアプリ

img_0214

私は紙の辞書では無くタブレットを使い辞書アプリを使っている。

ipad Air2の発売日からもうすぐ1年だけどレビューしてみる

紙の辞書よりも値段がだいぶお得になる。紙の辞書が約7000円であるのに対してアプリだと半額に近い4000円ほどで入手ができる。紙だとかなり重たく邪魔になるが、アプリでダウンロードすればiPhoneに入れてちょっとした外出にも使える。

App説明欄※抜粋

中国語辞書のスタンダードとして長年の信頼を得ている小学館『中日辞典』『日中辞典』のiPhone/iPadアプリ版です。
親字1万3500、語数10万、用例9万と類書を圧倒する内容とボリュームを備えた『中日辞典』と、収録項目数9万、用例15万の日本最大・最詳の『日中辞典』の二つがセットになっただけではなく、中国語の重要語約1万6000語の正しい発音が、ネィティブスピーカーの音声で確認できます。

■『中日辞典』については、ピンイン入力による検索はもちろん、ピンインの分からない漢字は手書き入力や日本語音訓索引、総画索引、部首索引など多彩な検索方法で引くことが可能なので、初心者でも簡単に使えます。
※手書き入力についてはiPhone側でキーボードを設定する必要があります。
■検索欄にひらがなを入力すれば『日中辞典』から検索、ピンインまたは簡体字を入力すれば『中日辞典』から検索。『中日辞典』と『日中辞典』の切り替えが不要という、ストレスのない検索方法を実現しています。もちろん、解説文中の言葉を選択しての検索も可能です。
■中国語学習に便利な用例検索機能つきです。作文練習から実務まで、多数の例文に触れて中国語力を高めることができます。

※インターネットに接続しなくても、オフラインでお使いいただけます。

iTuneプレビュー

もちろんWifiが繋がらない状況でも問題無く使えます。台湾や中国に旅行に出かけてネットの契約をせずとも困りません。

日本語→中国語の翻訳

img_0209

中国語の初心者がまず覚える言葉が『おいしい』。

  • (食べて)おいしい
  • (飲んで)おいしい

辞書ではしっかり翻訳されております。

  • 好吃
  • 好喝

台湾旅行に行ってタピオカミルクティーを飲んだら『好喝』ですよ!

中国語→日本語の翻訳

img_0210

你好と漢字で打てば日本語訳が出てきます。你好は1番使う中国語ですね。

img_0215

もちろん4つの声調を入力しなければたくさんの候補が出てきます。

手書き入力も問題無し

img_0213

手入力すれば漢字への変換が可能です。iPhone・iPad側での簡単な設定ででき、紙媒体の辞書ではできないことです。見かけた中国語の漢字の読み方がわからない時は手書きで解決です。

まとめ

1度調べた単語は履歴に残るので、何度も振り返ることができます。簡体字学習者はもちろん、繁体字の学習者にもおすすめします。ピンインさえ入力できればすぐ調べることができます。中国語は英語の辞書に比べると少なく参考書なども少ないです。これから中国語の勉強を始めようとしててなにを買おうか悩んでいる方への参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク