台湾に短期留学してみて分かったこと

私は22歳で台湾に短期留学をしていた

短期と言っても1か月ほどの留学であったが中国語をまったく話せない私にとってこの短期という期間がとても有効的だったと今になって感じる。1か月というのは短いようで長く感じ非常に充実した語学留学になったと今でも思う

今回は私が台湾に短期留学してみてわかったことをいくつかあげてみる

スポンサーリンク

中国語を話せなくても苦労しない

台湾という国をwikiから抜粋してみた

台湾の公用語は中国語(北京語)であり、国内では国語と呼ばれている。国語は中華人民共和国の公用語である普通話と基本的に同一言語であるが、現在では語彙などの細かい部分に多少の相違点が生じている。他にも日常生活では台湾語(ホーロー語、河洛話、福佬語)、場所によっては客家語、台湾原住民の諸言語が使用される。

台湾は基本的には中国本土の北京語が話されるが年配の方は台湾語を混ぜてくることが多い

私は台湾留学前は英語も中国語ましてや台湾語はまったくと言っていいほど話せなかったし聞き取れなかった

正直留学前は不安でしょうがなかった

台湾を旅行してみるとわかるが中国語を話せなくても書いてある文字を見れば大体のことが
我々日本人なら想像できてしまうのでこれが他の外国人と比べてみての特権なのではないだろうかと思う

なので私みたいに英語や中国語を話せない日本人にもおすすめしたい国で
すぐにでも留学を検討してみてほしい

初の海外観光や旅行におすすめ

JSK542_passtomemo-thumb-815xauto-15241

これは一番共感できると思う

台湾人は親日国で困ってることがあるとなんでも助けてくれる心の広い人たちだと思う

台湾人は困ってる人を見かけたらほっとけない性格の人が大勢いるのだろう
私も実際何度も助けられた

旅行していて台北なんかは日本と変わらない風景が数多くあり台湾に観光に来ているのに日本にいる気分にひたれる。いいことなのか悪いことなのかどちらとも取れるが是非初めての海外旅行にはおすすめしたい

ましてや旅行先の言語に困らず観光できるのは非常にありがたい

海外保険付帯のクレジットカード

私は海外保険を持っていなかったので三井住友クラシックカードを利用させて頂いた
楽天カードの場合だと支払いをそのカードを利用した時だけ保険対象になるが

三井住友VISAカードは持っているだけで海外保険付帯になるからとても便利だ

ただひとつ注意点がある18歳~25歳までのデビュープラスカードには
海外保険は付帯にならないので必ずクラシックカードを選んでほしい 

私もこのカードは持っているので気になる人はTwitterかなんかで連絡してください
この記事のコメント欄でもいいので

台湾の食べ物は絶品

mango-cut-open-214268_640

海外旅行に来て困ることのひとつにその国の料理が口に合うかということだ

台湾の食べ物は日本人の口に合うものが数多くありめったなことでは困らず
値段もかなりお手頃に食べれる

夜は「夜市」と呼ばれる屋台が多く出てて台湾人と食事をしながら交流できることも魅力のひとつだと思う

日本の料理に飽きてきたなと思う方は台湾行きを考えてみてほしい

まとめると

短い期間でも台湾という国の魅力を十分に感じることができる

台湾人は心優しい方が多くいるので
旅行に行ってぜひ感じてみてほしい

スポンサーリンク