初心者でも使える中国語3つの言葉 〜食事編〜

 

台湾の食事は日本人にとって合うと思います。

私も台湾に旅行に行った際、台湾の食事には何ひとつ困りませんでした。

食事の時に無言で食べるのは良くないと思いますので、
何か一言二言でも中国語で会話して台湾人と交流してみましょう。

今回は食事編です。
以下の3つをまとめてみました
 
  1. いくらですか?
  2. おいしいです!
  3. ごちそうさま

 
 
 
スポンサーリンク

値段を訪ねましょう『多少錢』

5322a8c3-s

まずは値段が分からないと話しになりません。 

日本語         いくらですか? 
中国語          多少錢   (発音はドゥオ シャオ チエン。詳しく書くとdūo shǎo qián) 

台湾の屋台ですと、どれがどの値段か分かりにくいことが多いです。

はっきりと値段を確認しておいてから買いたいものですね。 

 

食事の感想を言おう『好吃』

84598bc6-s
おいしかった時の感想を言いましょう。 

  
日本語         おいしいです 
中国語          好吃   (発音はハオツー。詳しく書くとhǎo chī) 

これは少し発音が難しいかもしれません。

台湾と大陸の中国人では少し発音の違いが見られるでしょう。
 

最後に『我吃飽了』 

55c59655-s
中国語には日本語の”ごちそうさま”。に当てはまる言葉はありません。
似たような表現で、気持ちを伝えます。

日本語         ごちそうさまでした 
中国語          我吃飽了   (発音はウォ ツー バオ ラ
。詳しく書くとwǒ chī bǎo le)  

意味を直訳すると

お腹いっぱいになりました、となります。
最後に謝謝(ありがとう)と言い感謝の気持ちを伝えましょう。

店の方との交流が多い台湾

台湾では屋台が非常に多いです。 

 
簡単な中国語会話をして
店の方との会話を楽しく出来たらいいですね。
 
スポンサーリンク